赤ワイン「赤ワイン」は、黒色系のブドウ品種から造られる酒です。

黒色系のブドウ品種を潰して発酵し、圧搾機で果皮や果肉、種子を取り除いた後、樽やタンクで熟成して造られます。

果皮のタンニンから渋みが出るので赤い色となり、「若い」といわれるワインは紫がかった赤、「熟した」といわれるワインは赤レンガの色に似た色となり、かなり熟成が進むと茶色になります。

独特の酸味とコクを楽しめる酒です。

メソポタミア文明の礎を築いたシュメール人がワインの製法を開発した(ビールの製法も)と言われています。

「ノアの箱舟」で大洪水を乗り越えた「ノア」は農夫となり、畑でブドウを作りました。

ブドウから造ったブドウ酒(赤ワイン)を飲み、天幕の中で裸になって泥酔してしまいます。

末息子はそれを知り、天幕の外にいた二人の兄弟に嘲りながら告げ口します。

二人の兄弟は顔を背け、父親の裸を見ることなく(裸を見られるのは大変な恥とされていた)着物で覆ったのに対し、唯一、裸を見た末息子の行いにノアは憤り、彼の息子に呪いをかけるのです。

その色が物語る通り、キリスト教で赤ワインはキリストの血に喩えられます。

聖餐式でいただくパンはキリストの身体、ブドウ酒(赤ワイン)はキリストの血です。

身体であるパン、血であるブドウ酒(赤ワイン)を摂り込むことで、神との一体化を感じる厳かな儀式です。

肉料理には赤ワイン。

魚料理には白ワイン。

というのが定説ですが、白ワインは魚介類の臭みを取ることに使われることが多く、もし白ワインを切らしていたら、日本酒もしくは料理酒でその用途を補うことができます。

赤ワインを肉料理に使うと肉が柔らかくなり、コクと風味が増します。

もし赤ワインを切らしていても、その用途は日本酒では補えません。

肉の旨味が抜け落ちてしまうからです。

ビーフシチューを作るのに赤ワインは欠かせませんよね。

「赤ワイン」、「白ワイン」に関わらず、高級レストランなどでワインボトルを注文した時には「テイスティング」を求められます。

決して、お好みの味を聞くための試飲ではありません。

ワインに劣化や腐敗がないかを確認するための試飲です。

注いでもらったワインを、テーブルクロスなどの白い物を背景にしてグラスを少し傾け、濁りや異物がないかを確認します。

色を見た後は、香りを嗅ぎ、不快な臭いがしないか確かめます。

一口含んで舌の上で軽く転がし、問題ないならソムリエにその旨を伝えます。

これでテイスティング終了です。

 

食材データ

種類:飲料
旬の季節:年中

主な効能

造血作用
体を温める
動脈硬化の予防

 

栄養成分

赤ワインワインには、色素成分である「アントシアニン」や、苦みや渋み成分である「タンニン」、「カテキン」等のポリフェノールが豊富に含まれています。

苦味や渋みは酸味と共にワイン貯蔵中に醸し出され、それが赤ワイン独特のコクや旨味となります。

ポリフェノールは強力な抗酸化作用を持っています。

赤ワインに含まれるポリフェノールは、白ワインの約10倍と言われています。

善玉コレステロール(HDLコレステロール)を増やし、動脈硬化や血栓(心筋梗塞や脳梗塞)を予防します。

赤ワインには体を温める作用もあり、冷え性の改善に働きかけます。

また、「鉄」、「クロム」等のミネラル成分も含まれており、「鉄」は貧血予防や疲労回復、風邪の早期回復、「クロム」は糖尿病や動脈硬化の予防に効果があります。

ドイツのワイン・アカデミー科学委員会のニコライ・ボルム博士は、デンマークで13,000人の男女を対象にした12年間の調査結果を以下のように発表しました。

「アルコールを全く飲まない人と比較したところ、毎日ワインを3~5杯飲む人は、心臓病や脳梗塞等の循環器系疾患における死亡率が56%低い」

また、アメリカ・イリノイ大学のJ・ペズート博士らは、米科学誌「サイエンス」に以下のように発表しました。

「ワインやブドウに含まれるレスベラトロール(ポリフェノールの一種)が発ガン抑制に働き、その転移も防ぐ」

「レスベラトロール」は認知症の予防にも役立つとされ、仏ボルドー大学の研究チームが65歳以上の約3800人を対象にした調査を3年に亘り調査し、以下のように発表しました。

「ワインを毎日3~4杯飲んでいる人は、飲んでいない人と比較して認知症発症リスクが約1/5、アルツハイマー型認知症リスクは1/4、死亡率も約30%低い」

因みに、「レスベラトロール」含有量が一番多いのは、「ピノ・ノワール」という赤ワイン用ブドウ品種です。

 

特徴

赤ワイン健康に良い赤ワイン、という情報ばかりが先に立ち、寝酒に一杯、また一杯と飲んで、そのまま眠りこけてしまうのだけは避けたいところ。

なぜなら、赤ワインに含まれるポリフェノールが時間を経て歯の表面に蓄積され、着色汚れ(ステイン)の原因になるからです。

また、口をすすぎ、歯磨きで磨くのは必須事項ですが、赤ワインを飲んだ直後に磨くのは厳禁です。

ワイン飲用後の口内は酸性に傾き、歯のエナメル質が脆くなっている状態です。

そのままガシガシと歯を磨くと、酸蝕歯になってしまいます。

赤ワインは、肉料理や、肉を使用したつまみと相性が抜群です。

赤ワインの風味が重く感じるのであれば、ソーダやビールと割ってカクテルにする手もあります。

保存温度は、熟成タイプの赤ワインなら18℃前後。
軽いフルーティなタイプの赤ワインなら、15℃前後。
ボジョレー・ヌーボーなら12℃くらいが目安です。

ワインの変質(味の劣化等)を避けるため、直射日光を避け、温度差のない比較的涼しい暗い場所で保管しましょう。

保存場所の理想湿度は65~80%です。

振動の少ない静かな場所で、薬品や塗料などの臭いを吸収しないように保管しましょう。

ワインは必ず横に寝かせて保管しましょう。

 

種類

フランス、イタリア、スペイン、チリ、日本(山梨や長野)などで生産されています。

「ボルドー」、「ピエモンテ」、「アトス・トスカーナ」など様々な種類があります。

 

レシピ

赤ワインでつくるカクテル

ワインとフルーツジュースは大変相性が良い。

一口大に切ったオレンジ、イチゴ、キウイなどのお好みのフルーツをシロップと共にソーダに入れ、赤ワインを加えると美味しいフルーツパンチが作れる。

おもてなしなどにちょっと洒落たカクテルとして。

ワインベースカクテル

 

ビーフシチュー

牛肉、ニンジン、じゃがいも、セロリ等の具材を、長時間、手間暇かけて煮込めば、スプーンで押すだけでほろほろと崩れるほど、肉が柔らかく美味しく仕上がる。

皿に残った汁にパンを浸けて食べれば、食べ残しもなく綺麗。

ビーフシチュー

 

赤ワイン~抗酸化作用を持つポリフェノールが白ワインの約10倍~ まとめ

赤ワインに含まれるポリフェノールは、白ワインの約10倍で、強力な抗酸化作用を持っています。

善玉コレステロールを増やし、動脈硬化や血栓予防(心筋梗塞や脳梗塞)に働きかけます。

「赤ワインを毎日3~4杯飲むと、ガン予防や認知症予防になる

という研究結果も発表されています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう