「健脳効果」タグの記事一覧

トウフ【豆腐】~良質のタンパク質が豊富で消化吸収率は90%以上~

加工食品
豆腐

トウフ(豆腐)とは、大豆を粉砕して煮込んだ後、ニガリ等の凝固剤を加え、箱の中に流し入れて成形した加工食品です。 地域的には東アジアと東南アジアの広範囲で昔から食べられており、中国、日本、台湾、タイなどの食卓において大変に・・・

ブリ【鰤】~脂質やタンパク質に富む魚。過食は結構な高カロリーに~

魚類
ブリ

ブリは、スズキ目アジ科に分類される海水魚。 回遊性の大型肉食魚で、日本では冬場の重要な栄養源です。 「寒ブリ、寒ボラ、寒ガレイ」のことわざ通り、ブリは寒い季節が旬なのです。 北海道から九州までの広い海域を回遊し、冬に獲れ・・・

ピーナッツ~レスベラトロール含有の茶色い薄皮に抗酸化作用がある~

豆類
落花生

ピーナッツは「落花生」とも呼ばれます。 花が受粉して落ち、地中で実を生むことから「落花生」と名付けられたのです。 1871年、神奈川県の農家の渡辺慶次郎が親戚から落花生の種を譲り受け、自分の畑に蒔いたのが国内最初の栽培で・・・

ダイズ【大豆】~別名、畑の牛肉。ご飯と相性抜群だが、過食に注意~

豆類
大豆

ダイズはマメ科ダイズ属の植物の一種で、色彩や形(直立状やツル状など)や栽培時期などにより分類されます。 その品種は数百に上るとされています。 ダイズの原産地は中国北部とされ、朝鮮半島を経て日本に伝わりました。 縄文時代の・・・

タラ【鱈】~脂質が少なく、低コレステロールでダイエットに最適~

魚類
真鱈

タラは、身肉や腹が雪のように白いので「鱈」と書かれますが、これは和製漢字です。 古くは、成魚のタラが貪欲で大きな口を開けて餌を捕食する様子から「大口魚」と呼ばれていました。 「たらふく食べる」の語源は「タラ腹(鱈腹)」か・・・

スズキ【鱸】~脂を蓄えやすい白身魚。脂溶性ビタミンAとDが豊富~

魚類
スズキ

スズキはスズキ目スズキ亜目スズキ科に属する魚で、成長するにつれて呼び名が変わる「出世魚」としても有名です。 「古事記」や「平家物語」などにも名が記され、日本人にとっては昔から馴染深い魚と言えるでしょう。 「古事記」には、・・・

サバ【鯖】~豊富なDHAは脳の栄養素。海馬が活性し記憶も明晰に~

魚類
サバ

「サバ」と聞いて、ぱっと思い浮かぶのは「サバを読む」という言葉ではないでしょうか。 「適当に数を誤魔化す」という意味で、実年齢より年齢を若く言って誤魔化す場合などによく使われます。 この語源にはいくつかの説があります。 ・・・

サトイモ【里芋】~ムチンが粘膜を保護、食物繊維が腸内環境を改善~

根菜類
サトイモ

サトイモは、サトイモ科サトイモ属に属す一年草です。 原産地はマレー半島付近の熱帯地方といわれています。 紀元前3000年頃にはインドで栽培されており、その後、中国を経由して日本へ渡来しました。 栽培は比較的簡単で、気候が・・・

ページの先頭へ