「ビタミンK」タグの記事一覧

チーズ~牛乳の栄養が凝縮され、ビタミンC以外のビタミンを含む~

加工食品
チーズ

「チーズ」とは、主に「牛」、「羊」、「山羊」の3種の動物の乳を原料とし、乳酸発酵等の工程を経て、「カゼイン」を主成分とする固形成分と、「ホエイ」と呼ばれる液体成分に分離した後に脱水して作られる乳製品の一種です。 更にこれ・・・

ケイニク【鶏肉】~カルノシンで筋肉を強く。ビタミンKで骨を強く~

肉類
鶏肉

鶏はキジ目キジ科の鳥類。 祖先はアジアから東南アジアにかけて生息する「赤色野鶏」だとされています。 これを人間が家畜化し、牛、豚と並んで代表的な家禽とし、その肉はケイニク(鶏肉)と呼ばれて日常的に食べられるようになりまし・・・

ホウレンソウ【ほうれん草】~胃腸の箒! 腸機能を整え、超健康に~

葉菜類
ほうれん草

ホウレンソウは、ヒユ科ホウレンソウ属の緑黄色野菜。 原産地は現在のイランで、北アフリカ経由でヨーロッパに、シルクロード経由で東アジアに伝わりました。 ホウレンソウには「西洋種」と「東洋種」があり、日本には江戸時代初期に「・・・

ハクサイ【白菜】~豊富に含まれるビタミンCを逃さぬ調理法を!~

葉菜類
ハクサイ

ハクサイはアブラナ科アブラナ属の二年生植物。 生のハクサイはシャキシャキした食感が歯触り良く、鍋料理で煮込むとトロリとなって甘く食べやすくなり、日本においての冬野菜として欠かせない食材です。 癖のない微かな甘みを持つ味で・・・

ネギ【葱】~禅宗における禁葷食。強壮作用が煩悩を増長する?~

葉菜類
ネギ

ネギは、禅宗における禁葷食(食べてはいけない食べ物)の中での五葷(ニラ、ネギ、ニンニク、ラッキョウ、ハジカミ〈ショウガ、山椒〉)の一つに相当します。 これらを食べることで煩悩(特に女色への)が高まるとされ、精進食では食べ・・・

ダイズ【大豆】~別名、畑の牛肉。ご飯と相性抜群だが、過食に注意~

豆類
大豆

ダイズはマメ科ダイズ属の植物の一種で、色彩や形(直立状やツル状など)や栽培時期などにより分類されます。 その品種は数百に上るとされています。 ダイズの原産地は中国北部とされ、朝鮮半島を経て日本に伝わりました。 縄文時代の・・・

ナス【茄子】~色素成分ナスニンがコレステロール値を下げてくれる~

果菜類

ナス科ナス属の植物及びその果実である「ナス」の原産地はインド東部説が有力で、インドでは有史以前に栽培されており、その後、およそ紀元前5世紀にはビルマ経由で中国へ、ヨーロッパへは13世紀頃に、日本には奈良時代に中国経由で伝・・・

ニラ【韮】~スタミナ増強! 同株から何度も収穫できる強い生命力~

葉菜類
ニラ

ニラはネギ属に属する多年草で、健康促進効果や疲労回復効果のある緑黄色野菜です。 東アジア地域が原産地で、中国西部、ベトナム、インドなどでは紀元前から栽培されてきました。 日本には、弥生時代に中国経由で伝来したとされていま・・・

ページの先頭へ