黒砂糖とトウキビ「黒砂糖」とは、サトウキビの絞り汁を煮詰めて製法される黒褐色をした砂糖のことです。

主に甘味料として用いられます。

主成分の糖分のほか、カリウム、鉄、カルシウム、マグネシウム、リン、亜鉛などのミネラル成分を豊富に含んでいます。

独特の香りと味があり、飲料や料理の甘味料として用いて食べた場合、白砂糖を用いた時より明らかにクセのある味を感じることになります。

日本に黒砂糖が伝わったのは奈良時代といわれています。

当時の薬の文献に「蔗糖」という文字が記載されており、その頃は甘味料ではなく貴重な薬として扱われていたことがうかがえます。

沖縄に渡航中、台風に遭って遭難した直川智(すなお かわち)という人が中国に漂着しました。

その後、日本へ帰る際に荷物に紛れ込ませてひそかに3本のサトウキビの苗を持ち帰ることに成功しました。

帰国後サトウキビ栽培を続けた直川智氏は、1610年に現在の奄美大島で黒砂糖の製造に成功しました。

黒砂糖は、今では沖縄県と鹿児島県などの離島の島々で生産され、その土地の特産品となっています。

沖縄料理の甘味料として欠かせない黒砂糖は、県民の健康や長寿に一役かっているともいわれています。

 

食材データ

種類:調味料
旬の季節:一年中

主な効能

エネルギー源
骨や歯の強化

 

栄養成分

白砂糖「砂糖」と言えば、混じり気のない真っ白でサラサラな白砂糖を思い浮かべるように、「白砂糖」は甘味の代表格と言えるでしょう。

ですが、ビタミン類やミネラル成分は精製過程で失われ、白砂糖の99%以上は糖質なのです。

そのため、糖尿病や肥満、虫歯の大きな原因になるとされ、日々の食生活から白砂糖摂取量を減らすように推奨されています。

純白の砂糖」は麻薬と同じように人体にとっては毒であり、健康に多大な悪影響を及ぼすとして、米国の小児科医達がタバコや酒と同じく白砂糖にも税を課すべきだと声高に指摘しています。

高カロリーで肥満を増長するだけでなく、タバコやアルコール同様、依存性が認められる……

いわゆる「砂糖依存性」もあるとの見解を示しています。

過度の白砂糖摂取により、脂肪肝、虚血性心疾患、ガン、アルツハイマー病、気分の不安定さ(血糖が急上昇し急低下するせいで、空腹感、眠気、イライラが引き起こされる)、通風などの原因になるとされます。

黒砂糖一方、「黒砂糖」は主成分の糖分のほか、ビタミンB1、ビタミンB2などのビタミン群、カリウム、鉄、カルシウム、亜鉛などのミネラル成分を含んでいます。

大さじ1杯(約9g中)のカルシウム含有量は、「白砂糖0.09mg」に対し、「黒砂糖は21.6mg」となり、200倍以上の含有量です。

今までの白砂糖使用を黒砂糖に替えることで、肥満予防、疲労回復、滋養強壮、生活習慣病予防や改善、骨粗しょう症予防に役立つと考えられるのです。

 

特徴

黒砂糖沖縄県、鹿児島県では一般的な甘味料として定着していますが、それ以外の地域では「健康食品」として認識され、取り扱われている場合があります。

「黒砂糖」と呼んでいますが、粉末状にすると褐色です。

ブラウンシュガーとも呼ばれます。

蜜分を多く含み、固まりやすい性質を持ちます。

黒砂糖を煮溶かし、料理や菓子の材料にするほか、コーヒー、紅茶の甘味料としても用います。

その場合、特有の香味が料理や菓子に少なからず影響を与えます。

沖縄黒糖を使用した「黒飴」も人気で、独特のコクと香りが楽しめます。

土中で栽培されるサトウキビを黒糖にする過程でボツリヌス菌の芽胞が混入してしまう可能性があります。

1歳未満の乳児に食べさせると「乳児ボツリヌス症」の中毒症状を引き起こし、最悪、死亡に至るケースも考えられます。

 

種類

海外の産地は、バルバドス、フィリピン、ベトナム、フィジーなどです。

国内の産地は、沖縄県、鹿児島県などです。

製法の種類には大きく分けて「黒糖」、「加工黒糖」、「テンサイ糖」の3種類があります。

 

レシピ

黒蜜

黒砂糖を水に溶かして煮詰めたもの。

くず餅、わらび餅にかけて食べるほか、所によってはトコロテンにかけて食べることもある。

黒蜜

 

ようかん

ようかんだけで充分甘いので、飲料にはお茶や抹茶、無糖紅茶を合わせるのが良いだろう。

羊羹

 

黒砂糖~白砂糖よりビタミンやミネラルが豊富な黒褐色の砂糖~ まとめ

黒砂糖は白砂糖とは違い、本来は不純物であるカルシウム等の豊富なミネラル成分を含んだままです。

そのせいで独特の甘味が強く感じられるほか、渋みや苦みといった味わいも感じることができます。

また、黒砂糖には特有の香味があるため、使用した料理や飲料に少なからず影響が及びます。

いつもはコーヒーや紅茶に白砂糖を使用していた人が黒砂糖に替えると、クセのある味に思わず驚いてしまうでしょう。

ですが、「白砂糖は体に害がある」と声高に叫ばれている現在です。

白砂糖を摂取し過ぎるとキレやすくなる、などとも言われます。

普段から何気なく使用している白砂糖に替わり、ビタミン群やミネラル成分が豊富に含まれている黒砂糖を食生活に取り入れれば、肥満予防、滋養強壮、生活習慣病予防、骨粗しょう症予防に役立つことでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう